WPS Officeの売れ筋を調べてみました(2019年のデータ)

シェアする

過去のWPS Officeの一部の記事に、2020年1月時点での内容を足して改稿しておりました。
バナーは「WPS Office Standard Edition」を2017年に1つだけ貼り付けていたのですが、実際によく購入されるEditionは違っていました

今回ちょっと調べてみたのでご紹介。
どのバージョンを買うか迷っている人の指針になればと思います。

商品情報

数年間ずっとAmazonさんが最安価です。
限定版というのもあります。

バージョンの違いについて

入手形態は2種類

大きく分けて、

・ダウンロード版(シリアルコード版)
・CD-ROM版、カード版(パッケージ版)

の2種類となります。

ダウンロード版はシリアルコードが送付されます。
本体は別途タウンロードを行い、シリアルコードを入力して製品版として認証されます。

パッケージ版はCD-ROMが同梱されています。
CD-ROMからソフトインストールを行い、同封のシリアルコードで認証します。

カード版というのもあり、Personal Editionが該当します。
シリアルコードの書いてあるカードが発送されてきます。

ぶっちゃけて本体をどこから入手するかというだけで、やってることは同じです。

ダウンロード版はシリアル管理のみで物理的なものがないので、省スペース的な意味ではオススメです。
最近はダウンロード文化がより一層進んでいる為、DVDドライブを搭載しないパソコンも多くなっています。

パソコンソフト業界では、そういった人の為の施策は昔からありました。
USB版のソフトなども存在します。

本サイトでも、総数ではダウンロード版を購入されている方のほうが多いです。
一方で、「現物がないと落ち着かない」という人がいるのも事実。
その辺りは好みに合わせて選びましょう。

ダウンロード版のシリアルコードの管理についてです。
万が一「忘れてしまった!」ということがあっても、Amazonからの購入だといつでも見ることが出来ます。

アカウントサービス > ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ

で辿ることが出来ます。

Editionは6種類

※【for Mac】は1種類しかないので除外しています

Writer Spreadsheets Presentation その他
Personal
Premium
Presentation
Standard
Standard W 2ライセンス版
Gold VBAマクロ
Platinum VBAマクロ
テーマフォント

Personal と Premium Presentation をバラバラに買うと割高となります。
基本的にはStandardが良いでしょう。

「パワーポイント使わない」という人にはPersonal

VBAマクロを使いたい場合はGold以上となります。

WPSでの名称はMicrosoftだと以下の通り。

Writer = Word
Spreadsheets = Excel
Presentation = PowerPoint

入手形態とEditionの組み合わせ

ダウンロード版 CD-ROM版 カード版
Personal
Premium
Presentation
Standard
Standard W
Gold
Platinum

Amazon.co.jp限定のPersonalは、カード版のみとなっています。
(カードとマニュアルが発送されてくる)

実際に人気のあるソフトはどれ?

本サイトからの結果

2019年の年間での結果です。
1位=【Amazon.co.jp限定】WPS Office Personal Edition(シリアルコード版)
2位= WPS Office Standard W Edition CD-ROM版
3位= WPS Office Standard Edition CD-ROM版
4位= WPS Office Standard Edition ダウンロード版
5位= WPS Office Gold Edition CD-ROM版

あれ?ダウンロード版が多いんじゃないの?
こうしてみると、CD-ROM版が多いのでは?

と思うかもしれませんが、1位が圧倒的に多いのです。

Personalは値段も安く、必要最低限で良いという方が多いことがわかります。

あと、何故かStandard Wが2番目に売れてます。

Standard Editionのバナー1つだけをサイドバーに長らく貼っていました。
…が、Personalのほうが全然売れていたという真実…

貼ったのは2017年。
今回見直してみると、パッケージも変わってました。
Personalのほうに貼り直しました)

そもそも記事を書いた2017年時点では、Personalは存在していなかったんですね。
(発売日: 2018/2/8)

Amazonランキングからの結果

1位=【Amazon.co.jp限定】WPS Office Personal Edition(シリアルコード版)
2位= WPS Office Standard Edition CD-ROM版
3位= WPS Office Standard Edition ダウンロード版
4位= WPS Office Standard W Edition CD-ROM版
5位= WPS Office Gold Edition CD-ROM版

似たような傾向でした。
Standard Wは意外と人気あるんですね。知らなかった。

一方で、グレーなソフトを買う人もいた

別記事でも注意喚起してますが、グレーな商品を買っておられる方も数人確認。

いわゆるプロダクトキー・シリアルコードのみの販売です。
Microsoft Officeが1000円台で売られてますが…

1000円台のMicrosoft Officeとか、まず有りえません!!

変なシリアル販売には絶対に手を出さないでください!
評価欄を見るとわかりますが、

「偽物だった」
「認証できない」
「32ビットバージョンだった」
「2016を頼んだのに2013だった」

などトラブル満載です。

これはOfficeのプリインストールされたパソコンのソフトから、CD-ROMやシリアルを抜き出して販売するようなアウトな行為が行われている為です。
手を出さないようにしてください。

最後に

WPS Officeは家庭用で使用するには十分な機能があると言えます。
見かけ上もマイクロソフトのものと遜色ありません。
うまく活用して、費用を抑えるようにしたいですね。

WPS Officeの種類について

現在は【ダウンロード版】【パッケージ版】
【Personal】(Writer+Spreadsheets)
【Standard】(Writer+Spreadsheets+Presentation)
【Standard W】(Standardの2ライセンス版)
【Premium Presentation】(Presentation)
【Gold】(Writer+Spreadsheets+Presentation+VBAマクロ)
【Platinum】(Writer+Spreadsheets+Presentation+VBAマクロ+テーマフォント)
が存在します。(2020/1/28現在)
([同カテゴリーを探す]で全部見れます)

私はGoldを使用中です。

WPS Office 全記事リンク

知らないと損をする、パソコンソフトの買い方の違い(初心者向け)
Microsoft Officeそっくり!格安オフィスの互換性が高すぎる
無料オフィスと格安オフィスソフトの互換性・比較【無料 vs WPS】
無料オフィスに変えて半年間続けた結果…起こったトラブルとは
【Office 2007・2010】サポート終了!逆に格安オフィスに買い替えのチャンスでは?
こんなに差が出る!WPS Officeの安さを比較!(2020年:価格差がさらに開いてる)
何年経っても最新版が使える?WPS Officeのヒミツ
WPS Officeなら見た目をメニューバーに変更できます(リボンに慣れない人向け)
【終了】【2017年まで】WPS Officeをさらに安く買う方法
つまづいたので、WPS Officeを体験版から製品版に変える手順の備忘録
要注意!WPS Office海外版を無理やり使ってはいけない
WPS Officeの売れ筋を調べてみました(2019年のデータ)

スポンサーリンク

シェアする