つまづいたので、WPS Officeを体験版から製品版に変える手順の備忘録

まずは体験版を使ってみよう

①公式ホームページからダウンロード
https://www.kingsoft.jp/office/
から「30日間 無料体験版」をダウンロードできます。

②ソフトのインストール
インストールは選択肢がなく簡単なので、特に迷う部分はないと思います。
まずは気にいるかどうか、自分の手で確かめて下さい。

気に入ったら製品版を購入

購入するには2つの方法があります。

①AmazonなどでWPS Officeのソフトを購入

特徴

  • こちらのほうが販売店の値引きがある為、値段が安い
  • パッケージが手元に残る
  • 付属しているシリアル番号を入力し、シリアル認証して体験版を製品版にする
    (つまりパッケージのCDの開封すら不要です)

筆者はこちらの方法で購入しました。
KINGSOFT Office購入→WPS Officeで安く買えました

②製品版のシリアル番号を購入(ダウンロード購入)

特徴

  • 公式サイトからの購入のため、若干高い
  • パッケージが手元に残らない(シリアルキーのみの管理)
  • 購入したシリアル番号を入力し、シリアル認証して体験版を製品版にする

もちろん、体験版を試さずに、いきなり購入することも可能です。
その場合もパッケージの方が安い為、①をオススメします

製品版のシリアルへの切り替え方法

私もここで少しつまづいたので、備忘録として記しておきます。

①インストールが終了したら、ソフトのどれかを開き、
左上のボタンから「ヘルプ」→「シリアル管理」を開きます。

②30日間体験版のシリアルで登録されているはずです。
ここで「追加」を選び、購入したシリアルを入力します。

③すると、「体験版のシリアル」「購入したシリアル」の2つが登録された状態となります。

この状態で再度起動すると、体験版と判断されることがあります。(私もそうでした)
そのため、体験版のシリアルを削除する必要があります。
「削除」で体験版のシリアルを削除して下さい。
(いま入力したばかりの製品版を消さないように気を付けて下さい)

これで製品版への切り替えは終了です。
お疲れ様でした。

参考サポートページ
https://support.kingsoft.jp/kso/kso2016_serial.html
「起動可能なプログラム」は、入力直後は(未認証)という表示ですが、
いずれかのソフトを起動すると自動的に(有効)に表示が変わります。

コメント

  1. KUMIKO より:

    何度トライしても体験版になり困っておりました。
    サポートセンターへの連絡も0570となり高くなるし・・・
    このサイトにより 正規版への変更が簡単にてきました。
    ありがとうございました。

    • みずき より:

      お役に立ててよかったです。
      こういう行動は1回しか経験しないので、割と情報が無いんですよね。