多機能ペン・ジェットストリーム0.5mm/0.7mmを書き比べてみた

シェアする

今年になって気になっていた、「三菱鉛筆のジェットストリーム」を購入してみました。
太いの細いの、どちらが良いか分からん!ということで両方買ってみたのでレビュー。

商品情報

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 2&1 0.7 ネイビー MSXE380007.9
三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 2&1 0.5 ブラック MSXE350005.24

値段によって金属・プラスチック部分などが異なります。
今回はネイビー0.7mm、黒0.5mmを購入。

買うまでの過程

空間の断捨離

断捨離を行っていた時に、大量のペンを処分。
代わりに多機能ペンを購入して、体積を減らそうという作戦です。

多機能ペンはシャーペン、ボールペン複数を1つにまとめたものです。
これで筆箱の中身も減らすことが出来ます。

Amazonでランキングほぼ独占中

Amazonを見てみると、多機能ペンでは40位ぐらいまでの殆どをジェットストリームが占めています。
書きやすいボールペンの元祖として、根強い人気です。

Amazon – 多機能ボールペン ランキング

本当に何色も色が必要なのか考える

地味に重要な項目です。
よくあるタイプは2色ボールペン+シャーペン。
他に3色、4色があります。

人気なのは4色なのですが、果たしてそんなに色が必要でしょうか?
色が増えると、ペン軸が太くなるというデメリットがあります。
当然値段も高めになります。

日常生活や仕事で、本当に青色や緑色が必要なのか?
よく考えてから購入されることをオススメします。

見た目の違いが値段の違い

今回比較するものを見ていただくとわかりますが、見た目が違います。

高い方はペン軸の色や、ペン先・クリップ部分が金属である、などの違いがあります。
安い方はプラスチックです。
もっと高級版もありますが、値は張ります。

値段や使用する場所を考慮して選びます。(会社で使う?家で使う?など)

書き心地を比較してみました

0.5mmと0.7mmを比較

結論を言っちゃいますが、私は0.7mmのほうが好きです

0.5mmは少しゴリゴリという感じです。
0.7mmは書き味がなめらかになりますが、インクの減りが早いです。
水性ペンでもそうですが、書き味とインクの減りはトレードオフです。

他の方も言っていますが、0.5と0.7で明確な境界線がある感じです。

太さによるレビューの評価は分かれている

色々なサイトで0.38/0.5/0.7/1.0mmの太さを比較してます。
最終的に「この太さが良い」という意見はバラバラです。
当サイトの意見も一意見として見てください。
やっぱり自分で書かないとわからないです。

JETSTREAMボールペン替芯で太さを変更可能!

大きなポイントです。
0.5mmを買ってから、使い終わったり気に食わなかったら0.7mmなどに変更できます。

適合する種類がありますので、公式サイトの替芯の型番をチェックしましょう。

最後に

まず省スペース。私にとってはとても大事なことなので満足しています。
100均の多色ボールペンは正直言って書き味が悪いので、ハッキリ言って敬遠したほうが良いです。

太さを後から変更できるので、替芯でカスタマイズしていくのも面白そうです。

シャーペンとボールペンは機構が違いますので、性能の良いシャーペン+多色ボールペンにするというのもアリだと思います。

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 2&1 0.7 ネイビー MSXE380007.9
スポンサーリンク

シェアする