【毎週ゲーム無料】Epic Games Storeを知っていますか?ただでゲームがもらえます

シェアする

「Epic Games Store」というプラットフォームをご存知でしょうか?
なんと、毎週1本ゲームを無料で配布しているんです。

「Epic Games Store」って何?

インターネットが普及し、ゲームのオンラインダウンロードも当たり前になりました。
そんな中、パソコンゲームもオンラインダウンロード販売をしています。

有名なところは「Steam」といったプラットフォームでしょうか。
わかりやすく言うと、ゲームの商店街みたいなものです。

2018年までは「Steam」一強だったのですが、2019年に「Epic Games」という会社が新たに「Epic Games Store」というものを立ち上げました。
フォートナイト」を作っている会社といえばピンとくる方もいるかも。

ロイヤリティーが安く、ゲーム作成の環境も提供している為、「Epic Games Store」に引っ越したゲームメーカーも増えてきています。
パソコンゲーム業界も戦国時代です。

毎週ゲームを1本無料で配布している

本当にタダです

驚くべき戦略なのは、ゲームを1本丸々0円で毎週ずーっと配り続けてるんです。

「どうせミニゲームでしょ?」「基本無料のオンラインゲームじゃないの?」

私も最初はそんな印象でした。
しかし、配布しているゲームはれっきとした買い切り型のゲームです。

インディーズゲームが多めですが、たまにNintendo SwitchやPS4にも移植されているような有名タイトルをポーンも無料でくれることもあります。

一度購入すると、ずっと無料で遊べる

よく有りがちな、プレイ期間限定で無料だとかそういうものはありません。

0円で購入すると、ちゃんとメールで0円の領収書が来ます。

一度購入するとライブラリに登録され、いつでも遊ぶことが出来ます。
ゲームはアカウントで管理されているので、パソコンを買い替えてもアカウントがあれば遊ぶことが可能です。

私のライブラリです。
記事作成時点で50本ぐらいのソフトを0円でもらってます。

入手方法について

①クライアントをダウンロードする

Epic Games Store(epicgames.com)にアクセスし、画面右上の「EPIC GAMESタイトルを入手」をクリックします。

②クライアントをインストールする・アカウントを登録する

プレイするためには、「Epic Games Store」のアカウントを作成する必要があります。

先程ダウンロードしたインストーラーの指示に従ってアカウントを登録します。
メールアドレスや名前、クレジットカードの番号などを登録します。
私もカードなどを登録していますが、まだ1円も払ったことはありません。

③無料でソフトをもらう

無料配布中のソフトを0円で購入します。
「Epic Games Store」を起動し、「ストア」を選択。
下の方にスクロールすると、無料配布中のタイトルがあります。

記事作成時はたまたま2本が無料でした。

欲しいタイトルをクリックします。

支払い画面です。
0円になっていることをしっかりと確認してください

「注文する」を選択すると、0円で購入したことになります。
登録したメールアドレスに、0円の領収書が届きます。

ゲームはすぐにダウンロードしなくていい

ゲームは注文が確定した時点で、ライブラリに登録されます。
すぐ遊ぶ場合はそのゲームをダウンロードすることになります。

すぐに遊ばない場合は、そのまま何もしないで良いです
買ったことになっているので、後日好きな時にダウンロードしましょう。
無料でもらったゲームを毎回ダウンロード→インストールしていたら、パソコンのハードディスクがどんどんパンパンになっていきます(^o^)

これまで0円で配布された有名タイトルは?

まずは「Celeste」。

インディーズゲーム界ではものすごく有名なソフト。
難易度が高いがその場で即リスタートするため、ストレスフリーなゲームです。
世界的にRTA(リアルタイムアタック)も盛んに行われています。

私もこのゲームが来ると知って、慌てて「Epic Games Store」に登録しました。

参考)
Nintendo Switch版 Celeste → 2160円
PS4版 Celeste → 2200円

「Farming Simulator 19」

農業のシミュレーター。
新作が出るので、宣伝のために0円で放出したのでしょう。
発売してそんなに経ってないのに0円。

参考)
Steam版 Farming Simulator 19 → 2980円

「Limbo」「Inside」

追手から逃げ切ることは出来るのか…?
両方とも、ゲーム実況でも人気のゲームでした。

参考)
Steam版 Limbo → 980円
Steam版 Inside → 1980円

「Enter the Gungeon」

これも海外で人気のゲーム。
RTAも盛んです。

参考)
Steam版 Enter the Gungeon → 1480円

毎週1本以上くれることもある

この記事を書いている時は偶然にも2本が無料でした。

2019年の年末には、なんと毎日1本無料で配ってました。(13日間連続)
とりあえず貰うだけ貰っておいても損は無いです。

プレイするかどうかは後で考えればいいですね。

コントローラーはどれを選ぶ?

まず最強なのは「Xbox One コントローラー」です。

通称「箱コン」と呼ばれています。
これまで数多のコントローラーを触ってきましたが、操作感はナンバーワンだと思います。
噂は伊達じゃなかった。

現在もこの箱コンで色々なゲームをプレイ中。
また、海外のプラットフォームなので、「Xbox One コントローラー」には100%今後も対応してくると思われます。

「Steam」などでも箱コンは対応しています。
Windowsの標準コントローラーのようなものですので、全部のゲームが動くのではないでしょうか。

「Steam」でPlayStation系コントローラーだと、たまに動かないタイトルがありました。

最後に

2020年も毎週の無料提供は継続するそうです。

インディーズタイトルが多いですが、今後プラットフォーム戦争はどこが勝つかわかりません。
大型タイトルが来る可能性もゼロではないので、とりあえず登録しておくのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする