【テルモP265】体温計は買う前に検温時間をチェックしよう!

シェアする

一家に一つは常備しておきたい体温計。
今まではとにかく安いものを…という基準で選んでいたのですが、検温時間が3~5分かかるものばかりで、とても不便でした。
今回はテルモの60秒の電子体温計・P265を購入したのでレビューします。

商品情報

テルモ 電子体温計 P265 【約60秒でしっかり検温 & 丸洗いOK】

Amazonのランキングは記事作成時で18位です。
「あれ、低くない?」と思うかもしれません。

しかし、価格.comの体温計のランキングではテルモの体温計が上位独占状態でした。
今回はテルモというメーカーだけで探して選びました。

体温計で抑えておきたい条件

検温時間が1分以下の物を選ぶ

検温時間は一番抑えておきたいポイントです

Amazonの体温計のページで、1000円以下の物を試しに開いてみてください。
ほぼ全部が3~5分の検温時間です。

かと言って15秒だと、温度の正確性に欠けます。
適正なのは1分ぐらいではないでしょうか。

「5分ぐらい待てる」

と思うかもしれませんが、例えば小さな子供に

「5分動かずに我慢しろ」

というとなかなか難しいはずです。

日本のメーカーのものを選ぶ

正確性の求められる機器ですので、まず日本メーカーのものを選びましょう。
Amazonのランキングは最近は中国製品が多いです。
安さに釣られないで、しっかり測れるものを選びます。

具体的には
・オムロン(OMRON)
・テルモ(TERUMO)
・シチズン(CITIZEN)
といった大手メーカーが安心です。

電池を手軽に購入できるか

これも重要です。
他社の体温計ですが、
「性能はいいけど電池が珍しすぎて中々売ってない」
というものがありました。

変にランニングコストが掛かるので、100均でも買えるような電池を使用出来るものが良いですね。

外観

内容物です。
体温計本体、ケース、取扱説明書、添付文書。

収納するとこんな感じ。

こういう部分にも電池の型番が載ってます。

計測してみる

ボタンは大きいです。
押しやすくてGOOD。

計測時はピッと押し、OFFにしたい時は1秒長押しです。
消し忘れても30分後に自動的に消灯します。

1分計測後。(1分=予測検温)
“ピー”と3回鳴ります。
右下に”<<<“と出ているのが1分計測の結果という表示です。

10分計測後。(10分=実測検温)
“ピー”と5回鳴ります。
右下の表示は消灯します。

結果を見てみると、予測検温とぴったり同じでした。
この後再度計測しましたが、結果はやはり一致しました。

電池交換が簡単

コインがあれば、ドライバー無しで電池交換することが出来ます。

簡単に取れました。
LR41という電池ですが、100均で手軽に買えます。

フタが外れる時に、フタと電池が落下することがあります。
箱の上などで作業するとやりやすいです。

使用感

全く問題なしです。

今まで使ってた古い体温計は全て計測時間が3~5分掛かっていました。
計測も正確では無かったと感じていました。
計測結果35℃台連発されていたので…

古い体温計は定期的に買い替えたほうが良さそうです。

最後に

体温計はたまにしか使わないものですが、不満を抱えているなら買い替えてしまったほうが良いです。
購入する際は計測時間を必ず確認したほうが良いですね。

テルモ 電子体温計 P265 【約60秒でしっかり検温 & 丸洗いOK】
スポンサーリンク

シェアする