カーペットを断捨離。何のために敷いていたのかわからない

断捨離継続中です。

いつも当たり前にあるものについても、聖域なき断捨離をします。
今回はカーペットです。

カーペットの役割、果たしてますか?

カーペットには以下のメリット・デメリットが考えられます。

メリット

・緩衝材
・部屋の見た目がキレイ、締まる
・滑り止め
・防音
・保温
・床のキズ防止

デメリット

・掃除がやや面倒(掃除機、ロボクリーナー)
・ホコリ、髪の毛などが絡みつく

カーペットを断捨離する

メリット

・掃除がしやすい
・部屋の空間が広く感じる

デメリットは、カーペットがある時のメリットの逆なので省略。

捨てるまでの経緯

敷いてる意味がわからなくなってきた

「床にはカーペットが敷いてあって当たり前」

そう思っていましたが、実際は以下の写真の通りでした…

一見普通に敷いてあるように見えますが…
めくると砂埃がスゴイことになっていました。
(10年以上使用していた)

また、ベッドの隅やテーブルの足元は大きさの関係でしわくちゃに。
「どうにかしたいな」と思っていました。

パソコンチェアーに引っかかってうざいので折ったりしてました。

あれ・・・

何のために敷いてるんだろう。

カーペットはホコリを舞いにくくするらしいです。
…が、言い方を変えるとホコリをキープするわけで…
掃除機で吸いにくいですし。

思い切って捨てました

「捨てる」となると、「買い換えよう」という考えが一番に浮かびます。
…が、そもそも無くなっても特に困らないと気付きました。

コタツを出すときはラグマットを敷きますし、保温は100均のアルミシートでも出来ます。
思い立ってすぐに、ラグの下に敷くアルミシートを買いました。

今後はもしカーペットを買うとしても、小さなラグマットにしようと思いました。

最後に

結果的に掃除は格段にしやすくなりました。
掃除時間も短縮されました。
改めて捨てて良かったと思います。
カーペットの下のホコリって砂状になるんですね。

カーテンや足元マットなども、本当に要るかどうか見直しても良いかもしれません。