ジェルボールペン・サラサ0.5mm/0.7mm/1.0mmを書き比べてみた

シェアする

筆記用具は特にこだわりなどは無かったのですが、ゼブラのサラサを初めて使った時に衝撃を受けました。とんでもなく書きやすい。

今手元にあるペンを調べてみると、たまたま色々な太さのサラサを持っていたので、せっかくなので比較してみました。

商品情報

奥から順に
・サラサ1.0mm (黒)
・サラサ0.7mm (赤)
・サラサクリップ0.5mm (黒、ノベルティ)

サラサクリップ0.5mmは薬局に行った時に貰ったものですが、中身を調べるとJF-0.5だったので0.5mmで間違いないです。(側面にSARASAの印字あり)

サラサとサラサクリップの違いを調べてみましたが、どうやらクリップだけみたいです。
公式ページで替芯を検索すると、中身は同じ替芯でした。

公式では「ジェルボールペン」と言われていますが、この種類にはゲルインクボールペンなどの呼び方もあります。
また、水性顔料インクなので、分類としては水性です。

書き心地を比較してみました

0.5mmと0.7mmと1.0mmを比較

基本的にサラサは全部書きやすいです。
サラサは書き心地と引き換えに、インクの消費量が多いのも特徴です。

今回は0.5mmと0.7mmの書き心地に明確な差はなく、1.0mmで変化しました。
1.0mmは明らかにインクドバドバという感じです。
多分今後は買わないかなあ。

書いてすぐに指で擦るテスト。
1.0mmはにじみやすいです。

ボールペンは0.7mm信者だったのですが、サラサに限っては0.5mmでもそんなに変わりないです。
インクの減りを考慮すると0.5mmでいいかな、という印象です。

ジェットストリーム(油性ボールペン)では、0.5mmと0.7mmで明確な境界線を感じたのですが。

最後に

水性のサラサ・油性のジェットストリーム、どちらが好きかと聞かれると、私はサラサと答えます。
それぐらい気に入っています。
ただし業務などで使う場合には、にじみの少ないジェットストリームを使うと思います。
サラサは普段遣い向け。

写真の赤0.7mmのインクを見ればわかりますが、無くなりかけです。
次は赤0.5mmにしようかなと思っています。
多色ボールペンにするのも良いかもですね。

今年になって気になっていた、「三菱鉛筆のジェットストリーム」を購入してみました。 太いの細いの、どちらが良いか分からん!ということで両方買...
スポンサーリンク

シェアする