カバンを捨てるのちょっと待った!部品取りをしておこう

最近の断捨離で、カバンやポーチをたくさん処分しました。
そのまま捨てるのも良いのですが、いくつかのパーツを部品取りしておくと、便利なことが判りました。

どうせ捨てちゃうのなら部品取り

ベルト部分を切り取り、プラスチックのバックル部分を保存します。
こちらは一般的なバックル。

こちらはベルトの真ん中あたりによくある、長さ調整機能のある留め具。
中だるみを防ぐ役割のみのものもあります。

材質は金属のものもあります。
但し金属の場合は見た目の劣化の都合上、捨てることが多いです。

こちらは横に拡張するパーツです。

部品の活用方法

①今後買うカバンの補修用として

バックルはプラスチックが大半ですので、急にバキッと折れてしまうことがあります。

予備の補修用品として持っておけば、自分で修理できます。

②買ったカバンの物足りない部分のパワーアップとして

このウエストポーチを買った時、写真左にある留め具はありませんでした。
安いモデルだと、ベルトの途中の留め具が無いパターンがあります。
ネットで購入したので気づきませんでした。

そんなとき、たまたま捨てる予定だったポーチがありました。
留め具が大きさがピッタリだった為、急遽こちらに移植しました。
ベルトを切る必要があったため、ついでに長過ぎるベルトも切って調整。
結果的に自分用にうまくカスタマイズ出来たポーチが出来ました。
(お裁縫を久しぶりにしました)

③メルカリで売れる

手芸用品として、メルカリで売れちゃいます。
カバンは売れなくても、取り外したバックルは売れるんです。
利益は大きくないですが、捨てるよりは良いと思います。

最後に

カバン、バッグ、ボディバッグ、ウエストポーチ、ウエストバッグ、サコッシュ…

呼び方や大きさは違えど、共通するパーツなども割とあります。
捨てる前に使える部分がないか考えてみましょう。